錠剤タイプから試してみる

yellow capsule

ラシックスは主成分であるフロセミドの名前からフロセミドと呼ばれることもある利尿剤です。
腎臓の尿細管に作用し、尿の量を増やすことでむくみを改善してくれます。
体内に溜まった余計な水分が体外に排出されると、単純に体内の血液量が減るので、
血圧を下げ、心臓の負担を減らすという効果もあります。
そのため、ラシックスはむくみ取り以外にも高血圧症などの治療薬としても使用されている薬です。
腎臓には血液だけでなく沢山の老廃物が送られてくるので、老廃物が含まれた血液は一度腎臓でろ過されることになります。
脚の筋肉量が少なく、腎臓まで血液や老廃物を押し上げられない人だけでなく、
腎臓に何か病気を抱えている人などは、腎臓のろ過機能が低下してしまっているので、
過剰な水分と老廃物がいつまでも溜まり続けてしまうんですね。

ラシックスは1日1回の服用で効果は約6時間ほど続くと言われています。
ちなみに、ラシックスの名前の由来は公開されていませんが、効果が6時間(six)続く(last)からラシックスなのではないか、と言われています。

ラシックスは錠剤タイプの他に注射タイプもあります。
注射タイプは注射をしてから2~3分で効果を発揮し、効果は約3時間続くそうです。
しかし、脚のむくみを取るために、わざわざ病院に行って注射をしてもらうのはちょっと…という人もいますよね。
錠剤タイプのラシックスであれば、家にいながら通販で簡単に購入できるのでおすすめですよ。
ラシックスを通販で購入する際には、ラシックスを安全に使用するためにも、使用上の注意や副作用などについて事前に自分で調べておくことをおすすめします。